関連リンク

  

  

  

   

  

  

 

 

注意喚起!! 

「厚生労働省助成金のご案内」とFAXが送られてくる事があるそうです。

厚生労働省が、助成金の案内をFAXで送信することはありませんのでご注意ください。!!

 


  商工会会員の皆さま重要なお知らせ! 

「全国商工会福祉共済 けがの補償」について

 

商工会の会員とその家族・従業員・従業員などがご加入できる「福祉共済」ですが

平成28年11月始期以降補償拡充いたします!!

 

拡充される補償は「個人賠償責任保険」です。

これは、国内外で発生した日常生活での事故により、他人にけがをさせたり、他人の財物を壊したりして、

法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われるものです。

補償金額は1事故あたり1億円!

保険会社による示談交渉サービス付き!

※(例) 

・自転車運転中の接触によりけがをさせてしまった!

・飼い犬が他人にかみつきけがをさせた!

・スポーツをしている最中にあやまって他人にけがをさせてしまった!

 

なんと共済掛け金はそのまま!(月額2千円~)

さらに、補償対象者の範囲は費共済者本人だけでなく、同居の家族等も補償の対象です!!

 

「全国商工会福祉共済 けがの補償」とは

【交通事故・不慮の事故・天災】などによる死亡、後遺障害、手術、入院、通院に対する補償内容となっています。

 

 詳しくはコチラ(共済制度のご案内ページ)

 

 

【商工会からのお知らせ】 

【会員事業所からのお知らせ】

 

 

総務省をかたったマイナンバー関係の不審なメールにご注意ください!

 

『マイナンバー確定のお知らせ』という件名で、『マイナンバー制度が確定したので、記載のURLにて確認してください』などと書かれたメールが送られてきた」という報告が総務省に寄せられています。

総務省からそのようなメールを送ることはございませんので、メールに記載されているURLにはアクセスしないようご注意ください。【総務省ページ】 より

 

※そのほか電話や自宅訪問で、公的な機関を名乗る詐欺も発生しています。

 公的機関が個人情報に関する質問をすることは基本的にありませんので絶対に教えないでください!

 

不審な電話などがあれば次の対応をして下さい!

個人情報は教えないでください。

その場で一人では対応しない。

 (相手の名前や内容を確認し、家族や友人に相談する)

警察や消費者ホットライン(電話番号;188)に相談しましょう!

 

 

 【その他お知らせ】 


 

「労働契約等解説セミナー2017」のお知らせ!

2017/06/01 投稿

「安心」して「働く」為のルール ~使用者と労働者の約束事=「労働契約」とは~

 

雇用する側と雇用される側をつなぐルールである「労働契約」について基本的な事項をわかりやすく解説する2種類のセミナーが開催されます。

【対象者】

労働契約や無期転換ルールについて基本的知識を習得したいとお考えの方

【  内容  】

労働者の皆様が安心して働くために知っておくべき重要なルールや、労働者・使用者それぞれの権利・義務などを中心とした基礎的事項を解説する「基礎セミナー」と、労働契約に関連する各種判例・事例を紹介する「判例・事例セミナー」の2種類のセミナーを開催します。

エントリの続きを読む »

労働条件に関する相談ホットラインのお知らせ。

2017/04/25 投稿

労働条件に関するさまざまな疑問や悩み、電話で相談できます。

 

例えば・・・ 

労働者の方だと 事業主の方だと

有給休暇を使いたいけど?

就業規則はどうやって作るの?

アルバイトでも残業代は払ってもらえるの?

パートの有給ってどうすればいいの?

休憩時間がとれません ! 

労働条件通知書って?

 

平日夜間・土日に無料でご相談できます。

厚生労働省委託事業

労働条件相談ほっとライン 

0120-811-610

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックでチラシ拡大☝  

エントリの続きを読む »

県外・県内研修事業に対する助成金のご案内

2017/04/21 投稿

沖縄県産業振興公社受託事業

平成29年度 正規雇用化起業応援事業

 

【事業の目的】
 非正規雇用の従業員を正社員に転換を図る県内の事業所(法人)が、従業員のスキルの習得や資格取得等を目的に、県外(国内)または県内の研修地で従業員研修を行う際の旅費、宿泊費の一部を助成し、正社員転換の促進による雇用の質の向上と人材育成の支援を図ることを目的とします。

 

 【助成金】10万円~40万円

 ★研修者は正規転換した人以外もOK!

★支社から本社へ研修に行かせたい!

★事業獲得のため、研修先で業務ノウハウを習得させたい!

エントリの続きを読む »

注意喚起!!

2017/02/02 投稿

 

 

「厚生労働省助成金のご案内」とFAXが届く事があるそうです。

が、厚生労働省がFAXでこのように助成金の案内はいたしません。

エントリの続きを読む »

経営安定セミナーのお知らせ!

2017/01/31 投稿

「0円で8割をリピーターにする集客術」

~すべてのビジネスにリピート客を!~

 

が、下記の日程で開催されます。

【日時】平成29年3月17日(金) 午後1時30分~午後3時30分

【場所】沖縄産業支援センター 1階展示場104

     (那覇市小録1831番地1)

【定員】60名(定員達し次第締め切らせていただきます。)

 

クリックで拡大できます(PDF)

エントリの続きを読む »

経営安定特別セミナーのご案内!

始めましょう!!e-TAX(国税電子申告・納税システム)

2017/01/26 投稿

e-TAXとは・・・所得税、法人税、消費税、印紙税、法定調書などの手続きを行う事が出来ます!

 

メリットは?

①税務署へ行く時間がなくなる

②異動届出書が提出できる

③添付書類の提出が省略可

④自動計算なのでミスを防げる

⑤税金の還付が早くなる

⑥ATMやネットバンキング等を利用し納税できる

 

詳しくはコチラより☛【平成28年分確定申告特集ページ

始めてご利用される方のために、事前準備するものなども確認できます!

 

また、e-TAXの利用開始のための手続きや、ソフト利用のためのパソコン操作に関するお問い合わせに電話で対応する窓口もありますよ!

TEL;0570-01-5901

お問い合わせに関するページは【コチラ

エントリの続きを読む »

職場で「つらい思い」していませんか?

2016/12/12 投稿

職場でのハラスメントの解決を労働局がお手伝いします。

 

そもそも「ハラスメント」とは・・・?

厚生労働省公表のパンフレットより例をあげます。

【セクシュアルハラスメント】とは

男性も女性も、加害者にも被害者にもなりえる問題で、異性に対するものだけではなく、同性に対するものも該当します。

例・・・上司が部下の女性の腰などをさわったが、抵抗されたため、不利益な配置転換をした。など

 

【パワーハラスメント】とは

身体的な攻撃と精神的な攻撃などがあります。

例・・・物を投げられて、体にあたった。同僚の前で、上司から無能扱いする言葉を受けた。根拠のない悪いうわさを流される。休みの理由をしつこく聞かれる。など

 

【妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント】

例えば・・・

☛妊娠した、出産した、妊婦健診の為仕事を休んだ、育児休業や介護休業を取った。など

これを理由として下記の扱いを受けたら法違反です。

☛解雇された、系や更新されなかった、パートになれと強要された、減給された、配置転換をされた。など

 

エントリの続きを読む »

「無期転換ルール」の本格運用に係るお知らせ。(労働契約法)

2016/11/22 投稿

「無期転換ルール」(無期転換制度)とは、同一の使用者との間で、有期労働契約が通算で5年を超えて繰り返し更新された場合に、労働者の申し込みにより、無期契約に転換する制度の事です。

例えば、1年の期間付契約で働いている方などが、契約更新を続け継続して5年以上働いた場合は、契約を期間無しに切り替えるという制度です。

この「無期労働契約」は、条件に該当する有期雇用労働者の申し込みによって成立し、使用者はこれを拒むことができなくなります。

 

この制度は平成25年4月1日に施行された改正労働契約法に基づき平成30年4月1日より運用されます。

エントリの続きを読む »

若年性認知症って知っていますか?(沖縄県より)

2016/11/15 投稿

 ・取引先の人の名前や商談の日時を忘れるだけでなく、

 その人が取引先の相手だという事や商談の約束をしたこと自体も思い出せない。

・通勤経路や行き慣れた先への出張などで、どこにいるかわからなくなり道に迷った事がある。

・打ち合わせや会議で話についていけなくなった。

 

こんな仕事上のトラブル。もしかしたら“若年性認知症”が原因かもしれません。

 

認知症とは高齢者だけの病気ではありません。

働き盛り世代に発症するものを若年性認知症といいますが、本人や家族江の支援が知られていません。

適切なサービスを上手に利用することで、働き続ける事が出来たりと、その人らしい生活を続けることができます。

 

まずは初期症状など無いかチェックしてみましょう。

「本人・家族のための若年性認知症支援ハンドブック」をご活用ください

エントリの続きを読む »