沖縄労働局より「働き方改革」のお知らせ!

2016/08/26 投稿

★デフレからの脱却に向けて経済の好循環を実現するため、労働者の意欲や能力が一層発揮され、労働生産性を向上させていくこと、また、女性をはじめとするすべての人々が、健康で安心して働くことができるよう、多様で柔軟な働き方を実現することが重要です。沖縄労働局では「働き方改革」として、下記について企業の皆さまに取り組んで頂けますよう周知致します。

 

長時間労働の抑制や年次有給休暇。育児・介護休業等の休暇の取得促進

非正規雇用労働者の正社員転換・待遇改善

ワークライフ・バランスの推進(仕事と生活の共存による能力の最大限発揮)

女性の活躍推進

人材の育成推進等の各種取り組み

 

県内企業でも取り組んでいます!!

✿「働き方」の見直しに関する取り組み事例✿(沖縄労働局HPより)

 

沖縄においては、いわゆる正社員等一般労働者の総実労働時間は依然として2,000時間を超える値で推移しており、また、常用雇用労働者の年次有給休暇の取得率も、50%前後で推移しており、決して高い水準にあるとはいえません。

沖縄県では「働き方改革」として働きやすい環境づくり、雇用環境の改善などに取り組んでおり、若年者・女性・高齢者等のそれぞれにとって働きやすく、持てる能力を十分に発揮して活躍できる職場環境づくり等を推進しています。

企業の皆さまにおかれましても、所定外労働時間の削減、休暇の取得促進、正規雇用の拡大など、地域の実情・企業の実情に応じた「働き方」の見直しに向けた自主的な取組をお願い致します。

 

沖縄においては、いわゆる正社員等一般労働者の総実労働時間は依然として2,000時間を超える値で推移しており、また、常用雇用労働者の年次有給休暇の取得率も、50%前後で推移しており、決して高い水準にあるとはいえません。

沖縄県では「働き方改革」として働きやすい環境づくり、雇用環境の改善などに取り組んでおり、若年者・女性・高齢者等のそれぞれにとって働きやすく、持てる能力を十分に発揮して活躍できる職場環境づくり等を推進しています。

企業の皆さまにおかれましても、所定外労働時間の削減、休暇の取得促進、正規雇用の拡大など、地域の実情・企業の実情に応じた「働き方」の見直しに向けた自主的な取組をお願い致します。

 

沖縄労働局 ~働き方改革特設サイト~